2012年12月30日

スロートレーニング

ダイエットをするときには、筋肉の量というものが大きく左右してきます。
筋肉がカロリーを最も消費するからです。

ですから、効率的に体重を落としていきたい人は、
筋トレを日常生活の中に取り入れていく習慣をつけることをお勧めします。

別に筋トレといっても、腹筋や腕立て伏せを一日に何百回もやれとは言いません。
そんなことをすれば、ボディービルダーのように筋肉もりもりになってしまいます。
そんな体型を求めてダイエットする人は少ないでしょうから。

一日十回程度の軽い筋トレでOKです。
続けることに意味があります。

しかし筋トレを行うときには、ひとつ注意をしながら行うといいでしょう。
それはゆっくりと動作するということです。

筋トレを回数こなそうとすると、一回一回の動作が速くなっています。
動作が速くなっているということは、
自分が鍛えようとしている筋肉以外の部位を動かしている可能性があります。

腹筋を例にしてみましょう。
速く腹筋運動をしようとすると、勢いをつけることになります。

いすなどに足を引っ掛けている場合には、脚力を使って身体を起き上がらせています。
ということは、腹筋運動をしているように見えて、腹筋への負担は半減しているのです。

回数を少なめにしてゆっくりと運動をする場合、ほかの筋肉を動かすことがなくなります。
しかも運動をしているときに、
自分が今どこを鍛えているのかということを意識しながら行うことができます。

どこを鍛えているか意識するということは筋トレをする上で大変重要になってきます。
意識をすることによって、より効率的な筋トレを行うことができるとされています。

現在では、スポーツ界でも「スロートレーニング」といって、
ゆっくりとした筋トレを行ったほうが筋トレへの効果が高いとされています。
回数は少なくてもゆっくりと確実にこなすほうが、
実はダイエットには大きな効果を発揮するのです。

>> http://123direct.info/tracking/af/93014/NZJc60ug/


体脂肪が落ちるトレーニング―1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造 [単行本] / 石井 直方, 谷本 道哉 (著); 高橋書店 (刊)
体脂肪が落ちるトレーニング―1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造 [単行本] / 石井 直方, 谷本 道哉 (著); 高橋書店 (刊)

DVDつき へやトレ―ジム以上の効果を約束する1日5分〜の自宅筋トレ オールカラー!! [単行本(ソフトカバー)] / 森 俊憲 (著); 主婦の友社 (刊)
DVDつき へやトレ―ジム以上の効果を約束する1日5分〜の自宅筋トレ オールカラー!! [単行本(ソフトカバー)] / 森 俊憲 (著); 主婦の友社 (刊)
posted by Izumi at 04:35| 栃木 ☁| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

ちょっとしたこと

ダイエットをしたい、でもできないという人は結構いますね?
出来ない理由を聞いていくと
「忙しくて、じっくりとダイエットするための時間を割くことができない」という答えが。
思い当たる節がある方もいるかも、ですね?

確かに今では、多くの人が仕事を持っています。
朝早くから通勤電車に揺られ、夜遅く帰宅、この繰り返しだという方もいらっしゃるでしょう。

おそらくダイエットというと、
スポーツジムに行ってトレーニングとか、ヨガスタジオに行ってレッスンとかのイメージが強くないですか?
上にあげたようなところに定期的に通うことはダイエットにとっても効果的であることは確かです。

でも日常生活をよく見渡してみると、ダイエット効果を期待できるものがいくつかあるのです。
例えば、駅。

駅にはエスカレーターと階段がありますね?
エスカレーターを使えば、少しは楽できるかもしれません。
しかし階段を速足で上がればどうでしょう。
ちょっとしたエネルギー消費につながりますね?

もしくは電車の中でよく見かける光景ですが、
ドアの近くで身体を手すりなりドアなりに預けている人がいますね?
そこを手すりにつかまった、自分の力で自分の身体を支えてみてはいかがでしょうか。
これでも、ちょっとしたエネルギー消費につながっていきます。

日常生活のちょっとしたことで結構です。
そこで、自分の身体にとって、ちょっとした負荷をかけてみましょう。

一つ一つは「ちょっとしたこと」かもしれません。
しかしそれを1日繰り返してみたら、消費されたカロリーも結構な違いになってくるものです。

それを毎日繰り返せば、月当たりで見ていくと結構なカロリーの差になってくるはずです。
また自分の意識にも変化が出てきます。

せっかくコツコツと使ってきたカロリーです。
頑張ってきた分を1個のスイーツでつぶしてしまうのは、ちょっともったいないですよね?
忙しくても、ちょっと工夫をしてみると、
小さい一歩ながらも着実にダイエット効果を得ることができるのですよ。

>> http://123direct.info/tracking/af/93014/NZJc60ug/

NHKためしてガッテン科学のワザで確実にやせる。―失敗しない!目からウロコのダイエット術 (主婦と生活生活シリーズ) [ムック] / NHK科学・環境番組部、主婦と生活社「N (編さん); 主婦と生活社 (刊)
NHKためしてガッテン科学のワザで確実にやせる。―失敗しない!目からウロコのダイエット術 (主婦と生活生活シリーズ) [ムック] / NHK科学・環境番組部、主婦と生活社「N (編さん); 主婦と生活社 (刊)

DVDで完璧にわかる! 美木良介のロングブレスダイエット 必やせ最強ブレスプログラム [単行本] / 美木 良介 (著); 徳間書店 (刊)
DVDで完璧にわかる! 美木良介のロングブレスダイエット 必やせ最強ブレスプログラム [単行本] / 美木 良介 (著); 徳間書店 (刊)
posted by Izumi at 02:36| 栃木 ☀| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

筋肉量

ダイエットをするとき、もし近くにアドバイスができる人がいると
「運動は適度にやりましょう」
と言われたことがあるかもしれません。

普段運動をしない人にとっては、無茶な条件という風に思うかもしれません。
しかし運動をしなければならないのにはれっきとした理由があります。
もちろん、アドバイスをしている人のいやがらせでも何でもありません。

ダイエット期間を抜け出せば、普通の食生活に戻すこととなります。
ところで、普通の食事に戻すと、再び体重が元の状態に戻ってしまうイメージはありませんか?

確かにダイエット前の食事量に近く戻してしまうと、摂取カロリーが増えます。
ですから、そのままにしておくと、再び体重が増加してしまう可能性はあります。

実は、ダイエット後に食事をある程度の量に戻しても、
なかなか体重が増えないようにするために適度な運動が必要なんです。

運動をすれば、おのずと筋肉がついてきます。
この筋肉が、体重のリバウンド対策にはどうしても必要な存在なんです。

筋肉は、われわれの身体の中で最もカロリーを消費するところです。
ですから日常の動きを筋肉の量の多い人と少ない人が同じようにやったとしても、
使われるカロリーの量に差が出てくるわけです。

もしダイエット期間中に、適度な運動をするような習慣をつけていれば、
筋肉の量が増えていきます。
このため、たとえ昔食べていた食事の量にまで戻したとしても、
筋肉が消費してくれますから、すぐに体重がリバウンドするということを防ぐことができます。

ところが、ただ単に食事制限だけでダイエットをした場合には、筋肉の量が増えていません。
逆に入ってくるカロリーの量が減ったことによって、カロリーを無駄に使う筋肉を減らそうとします。
ですからむしろ、筋肉は前よりも減っている可能性があります。

ということは、もしリバウンドを起こしたとしたら、
筋肉の量が少なくなっていますから、なかなかダイエットに成功できなくなってしまいます。
このような事情があるから、ダイエットには適度な運動が必要といわれるわけです。

>> http://123direct.info/tracking/af/93014/NZJc60ug/

世界一きれいになるモレノ博士の17日間ダイエット―一生太らない!絶対リバウンドしない! [単行本] / マイケル・R. モレノ (著); Michael R. Moreno (原著); ダニエラ シガ (翻訳); 日本文芸社 (刊)
世界一きれいになるモレノ博士の17日間ダイエット―一生太らない!絶対リバウンドしない! [単行本] / マイケル・R. モレノ (著); Michael R. Moreno (原著); ダニエラ シガ (翻訳); 日本文芸社 (刊)"

Tarzan特別編集 30days of Exercise 30日でキレイをつくる vol.2 美脚&ヒップ [ムック] / マガジンハウス (編集); マガジンハウス (刊)
Tarzan特別編集 30days of Exercise 30日でキレイをつくる vol.2 美脚&ヒップ [ムック] / マガジンハウス (編集); マガジンハウス (刊)



posted by Izumi at 20:16| 栃木 ☁| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。