2013年01月12日

ダイエット中のエネルギー源




ダイエット中は、
1日3食きちんと食べることがとても大事です。

食事と食事の間が空きすぎると
身体が必要以上に吸収しようとしたり、体内のリズムが狂ったりするからです。

さらに、夕食はやや少なめに、
逆に朝食をたくさん食べるようにして、
1日の摂取カロリーコントロールをすることがポイントです。

夜摂取したカロリーは活動に使われることないので寝ている間に脂肪になりやすく
逆に、朝摂取したカロリーは1日の活動の中で消費されやすいからです。

そして気をつけたいのが栄養バランスです。

夕食では炭水化物よりも
たんぱく質を多くとるようにした方が
ダイエットには良いようです。

なぜなら、ダイエット中には筋肉を維持したり増やすことが大切になってくるからです。

筋肉の量は、そのまま基礎代謝量につながります。

筋肉量が多ければ、基礎代謝量が増えて、
太りにくくやせやすい身体になりますよね。

たんぱく質は筋肉を作る源になる栄養素です。

いくら運動や筋トレをしても、
たんぱく質を摂取しなければ筋肉は作られません。

たんぱく質を効果的に摂取するには、
筋肉が作られる時間帯に合わせて摂取するといいとされています。

では、筋肉が作られる時間帯とはいつでしょうか。

答えは「運動後の30分〜1時間後」と「夜寝ている間」です。

夕食でたんぱく質を摂取すれば、
夜寝ている間(筋肉が作られる時間帯)に、
たんぱく質を供給できて、
効率よく筋肉を増やすことができるわけです。

逆に、炭水化物は糖質の源になる栄養素なので、
活動のエネルギー源として使われるものになります。

もちろん、人間の活動には必要不可欠なものですし、
朝食、昼食ではおおいに摂取する必要があります。

ただし夕食、特に夜寝る前に炭水化物をたくさん摂取してしまうと、
使われずに余ったものがそのまま寝てる間に脂肪として蓄えられてしまいます。

夕食の炭水化物は、
少し少なめにした方がいいかもしれません。

また、夕食にたんぱく質をとるといっても
カロリー的には、毎日脂っこいステーキや揚げ物を食べるわけにはいかないですよね。

たんぱく質は、何も肉だけじゃなく、
魚や大豆製品にも多く含まれているのです。

カロリーと栄養バランスの両方を兼ね備えた食事ができると、
より効果的にダイエットできるというわけです。

>> http://neverstory.moo.jp/uiqi


酵素たっぷりで「やせ体質」になる! 「朝ジュース」ダイエット (講談社の実用BOOK) [単行本(ソフトカバー)] / 藤井 香江 (著); 講談社 (刊)
酵素たっぷりで「やせ体質」になる! 「朝ジュース」ダイエット (講談社の実用BOOK) [単行本(ソフトカバー)] / 藤井 香江 (著); 講談社 (刊)

糖質オフ!でやせるレシピ―お肉もお酒もOK! (食で元気!) [単行本] / 牧田 善二 (著); 成美堂出版 (刊)
糖質オフ!でやせるレシピ―お肉もお酒もOK! (食で元気!) [単行本] / 牧田 善二 (著); 成美堂出版 (刊)



よろしければ応援お願いします↓

人気ブログランキングへ
posted by Izumi at 06:02| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。