2016年04月24日

ダイエットや美容に嬉しい効果を持つ大豆について

image.jpeg
大豆は、豆類の中でもたんぱく質の含有量が多く
アミノ酸の組み合わせが動物性たんぱく質によく似ているから
『畑の肉』とも言われます。

ダイエットだけでなく
生活習慣病や更年期の症状を緩和する等
様々な効果が期待出来ます。


1.大豆の効能
体内の水分バランスを保ちむくみ予防に効果のあるミネラル
代謝を上げるためには欠かせないビタミンB群
腸内環境の改善に役立つ食物繊維、オリゴ糖
アンチエイジングに欠かせない強い抗酸化作用を持つ『サポニン』
が含まれています。

女性特有の月経前緊張症や更年期等の症状を改善させます。
さらに、コレステロール値の上昇による動脈硬化を和らげる力も持っています。

動物性の脂肪のように
コレステロールが多くないから
安心して食べられます。


2.大豆イソフラボン
大豆の胚軸(生長すると芽になるところ)部分に多く含まれている
抗酸化物質です。
細胞にダメージを与える『活性酸素』の働きを抑えてくれます。

女性ホルモンには、
血管系の病気を予防し
悪玉コレステロールを減らし
血液を流れやすくし
血圧を下げる働きがあります。

エストロゲン様物質の大豆イソフラボンを摂取することで
同様の効果が期待出来ます。

また、体内でカルシウムが不足すると
骨から大量にカルシウムが放出されて骨が溶け出してしまいますが、
大豆イソフラボンにはカルシウムが溶けるのを防ぎ
骨の強度や骨密度を守る働きがあります。


3.サポニン
サポニンは、植物の根、葉、茎等に広く含まれている配糖体の一種で
コレステロールを除去したり
体内で血栓を作り動脈硬化の原因となる過酸化脂質の生成を抑制する
働きがあります。
また、代謝を促進すると考えられています。

大豆製品を継続して摂っていると
消化作用を助けて腸の状態を整えるので
効果的にダイエットが出来ます。


4.大豆レシチン
大豆レシチンとは、大豆に含まれる不飽和脂肪酸のことです。
レシチンには乳化作用があり
血管内壁に付着したコレステロールや血中の中性脂肪を溶解して
血液の流れをスムーズにしてくれます。

また、レシチンをしっかり補給することで
アセチルコリンという記憶に関係した神経伝達物質の生成を促進し
アルツハイマーや認知症の予防、
記憶力を維持し学習能力を向上させるとともに
脳細胞の破壊を最小限に抑えることが出来ます。

レシチンは身体の中で
脂質、脂肪酸、コレステロール、脂溶性ビタミン(ビタミンA、E、D、K)等
水に溶けにくいものを包み込み水に溶けるようにすることで
これらの栄養素が腸で吸収されるのを助けてくれています。


5.大豆オリゴ糖
大豆オリゴ糖とは、
大豆に含まれる多種少糖類の総称で
大豆たんぱく質を利用したあとの残りかすから作られます。
人の消化酵素では分解されにくく
甘みは砂糖の70%くらい持っていますが
カロリーは砂糖の半分くらいです。

腸内有用菌を活性化させる働きを持ち
他のオリゴ糖よりも少量で
便秘解消や腸内環境を改善する働きを持っています。


近年では、ガンの予防になるという研究結果も出ています。

アメリカイリノイ大学の研究結果では、
大豆に含まれる『ゲニステイン』が大腸ガンの予防をする
とされています。

よく知られているものでは、
大豆に含まれる『イソフラボン』という成分は
女性ホルモンの作用に影響して
乳ガンや前立腺ガンを防ぐ効果があるというものです。


こんな有用な大豆を積極的に摂って
健康と美容に役立ててキレイになりましょう。

腹筋を鍛えたら、やっぱり背筋も鍛えた方がいいですよね。
バランスというものがありますから。

前(腹筋)ばかり鍛えても後ろ(背筋)を鍛えないと
背筋をピンと伸ばした姿勢の良い姿にはなりません。
猫背ではちょっとね…

ということで、今回は背筋編です。

1.ピラティスの「スイミング」
・両手、両脚を伸ばしてうつ伏せに寝る。
*手の幅、足の幅は少し広めにとる。
・息を吐きながら対角線上にある手と足を同時に持ち上げる。
3秒間保持。(右手と左足、左手と右足)
*反動は使わずにゆっくりやる。
*背筋を使って持ち上げるように意識する。
・息を吸いながら、持ち上げた手足をゆっくり下ろす。
・反対の手足でも同じようにやる。
・これを30秒〜1分間やる。

2.ピラティスの「スワンダイブ」
・うつ伏せに寝て手を肩の横に置く。
・その体勢から上体を起こす。
*手は添えるだけ(腕を使って起こさない)
*背筋を使って起こす
・ゆっくり元の体勢に戻る。
*背筋を使ってやる
・ここまでの動作を15回する。
・上体を起こした状態から手の支えをはずしてダイブする。
この動作を5回やる。

3.バックエクステンション
・うつ伏せに寝て、手を頭の脇に添える。
・そのままの姿勢で、胸と脚を同時に浮かせて、体を反らせる。
・背中の筋肉が収縮していると感じたら、静止する。
・その後、ゆっくり元に戻す。
・10回x3セットを目安にやる。
*体の反動を使わない
*反らした体を戻す時は、筋肉の緊張を維持したままゆっくり戻す
*顎(頭)の角度は一定に保つ

4.トランクエクステンション
・仰向けに寝て、両手を顎の下に置く。
・その体勢からゆっくり上半身を反らす。
・ゆっくり下ろす。
・これを10回x3セット(10回→1分間休憩→10回→1分間休憩→10回)
*足を誰かに押さえてもらう、又は、どこかに足を入れて固定してもOK
10回x3セットがクリア出来たら、20回x3セットに挑戦

5.うつ伏せでやる運動
・うつ伏せに寝て、両腕を体の横に置く。
・肘が肩の下に来るように肘をつき、上半身だけが少し起きた状態を作る。
・顎を引いて首の後ろにアーチを作るイメージで体を起こす。
・息を吸いながら上体を右側にねじる。(目線は右踵へ向ける)
・そのまま5回くらい呼吸をする。
・ゆっくり正面に戻す。
・同じ要領で左側に上体をねじる。

6.椅子に座ってする運動

・椅子に座って手のひらを上に向けて前に両腕を伸ばす。
・両手の小指同士をくっつける。
・そのまま上体を右側にひねる。
・20秒間保持。
・正面に戻す。
・同じように左側にひねって20秒間保持。
・右と左を交互に5〜10回やる。
*お尻が浮かないようにする


・椅子に座って手のひらを上に向けて前に両腕を伸ばす。
・両腕の小指同士をくっつける。
・両方の手首と肘もくっつける。
・肘が腕に対して90度になるように上げて、10秒間保持。
・肘が離れない所までを目安にさらに腕を引き上げる。
・10秒間保持。5〜10回やる。

7.チェストオープンストレッチ
・胡座をかくような足にして、背筋を伸ばして座る。
・両腕をつけたまま体の前に伸ばし、肘を90度くらい曲げる。
・両方の肘を背中の真ん中でくっつけるようなイメージで、肩甲骨を寄せる。
・5秒間保持。
・腕を前に戻してくっつけた後、手を前の下方に向かって伸ばす。
・背中の筋肉が伸びていると感じる所で5秒間保持。
・1日に3セットする。

ラベル:大豆
posted by Izumi at 00:21| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。